マフラーの抜けを良くしたい

モトグッツィ・v7クラシックの純正オプションマフラー。
ARROW製のスリップオンタイプで「USA/CANADA ONLY」と刻印されていますが、
日本向けに追加工を施して音量を抑えてある模様。
あまりにも静かなので、もう少し音量を上げたいというオーダーです。

IMG_1243

早速リベットをさらってサイレンサーをバラしてみると、
テールピースを貫くパイプの先端が塞がっていて、
パイプの側面に10mm位の穴が6個開いているだけ。
これじゃ抜けは悪いし、音も静かなはずです。

IMG_1247

そこで、塞がれているパイプの先端部分をカットして、
排気ガスの一部がストレートに抜けるようにしました。

確実に抜けは良くなっているはずですが、
音は「いくらか低音が強調されたかなぁ…」という程度の変化。
もちろん車検はまったく問題ないレベルです。

IMG_1249

「パイプを根元からカットしても大丈夫かな?」という印象でしたが、
オーナーさんが「取りあえずこれくらいでいい」とのことなので、
もう片方も同じように加工して作業完了。

左右で2時間ほどの作業でした。

こういった現場合わせの作業やサイレンサーのリペアも承りますので、
お気軽にご相談ください。

カテゴリー: バイク, メンテナンス パーマリンク

マフラーの抜けを良くしたい への1件のフィードバック

  1. pennketou のコメント:

    お久しぶりです。仕事が忙しすぎて、ブログのチェックもできませんでしたw。やっと、片が付いたので、単車に手を出そうかと・・・。1月の末にリアのベアリング交換して、チェーンも遣ろうかと
    リフトアップしたまま、2か月放置www、エンジンかかるか心配です。まだ、フロントのベアリング、Fフォークのo/h,ブレーキo/h、まだ,先は長いですw。別に悪い訳では無いんですが、出来るうちに(新品パーツが出るうちに)やっておこうと。最初「ウインカーが遅れて作動するんですが」と、ご相談しましたが、今は「ハイフラッシュ」してますwww。
    何時か、記事のような「痒いところ」の、お願いが出来るようにまず、「まともな」状態を目指して。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です